メール予約 メール相談

メール予約 メール相談

メール予約 メール相談

メール予約 メール相談

トップページ包茎治療

包茎治療

包茎治療の決定版 亀頭直下埋没法

せっかく治療しても、傷跡が目立っていたり、ツートンカラーになってしまって、見た目で悩んでしまう方もおり、 再手術に来院される方も多くいらっしゃいます。
このようなことにならないよう当院では、長年の実績と経験で培った方法である「亀頭直下埋没法」での治療を行っております。

亀頭直下埋没法の手術方法

最新の麻酔法で痛みのない手術を約束

当院に来院される患者様が治療前に最も多い質問が、「痛くないですか?」という質問です。この悩みを解消するために、新しく開発された最新の麻酔器と独自の麻酔法により、患者様の「安心」を約束します。
当院でこの麻酔器と麻酔法で受けられた患者様の殆どが「痛くない」「もう麻酔は終わったの?」と言われるほどスピーディな無痛麻酔を実現しました。

従来のテープ麻酔やスプレー麻酔ですと治療時間が長くなり、患者様も不安な気持ちで待ち続けなければなりません。
この最新麻酔法により患者様が不安な気分に陥ることなくスムーズに治療を受けることができます。

人それぞれのペニスに合わせた最適な治療

ペニスは人それぞれ、大きさも長さも形も違います。まず治療は、その長さ・太さ・皮膚の厚みなどの個性を考慮し、ベストなデザインを決定することからはじめます。
まず、勃起時の状態を想定して、環状溝(かり首の溝)の下1〜3ミリのところから余剰包皮小帯は、最大限残すようにデザインします。その際、図のように亀頭直下の環状溝と呼ばれる包皮が反転している部分を切除するので、手術後は「くびわ」に隠れてしまいます。
そのため、見た目がツートンカラーになることもありませんし、縫合も美容外科的技術で処置を行いますので、手術をしたことがほとんどわからないほど自然に仕上がります。

手術はわずが20分。その日から普通に生活することができます。

手術では出血も殆どありません。また傷を縫った糸は自然に溶ける素材ですから抜糸のために忙しい中再度来院される必要もありません。もちろん、通院は一切不要です。
生活のリズムを何一つ変えることなく、包茎という大きなコンプレックスを解消、一緒に暮らす家族にさえ悟られることはないでしょう。

▲ページトップ

治療後のアフターケアも当院では全力で貴方をサポート

治療後のアフターケア

治療後のアフターケアも当院では全力で貴方をサポートします。
治療を受けられてから、不安なことやわからない点などありましたら24時間相談をお受けしております。
もちろん、傷が治るまでの期間は全て無料にてアフターフォローしておりますので検診等必要な場合でも安心してご来院戴けます。

アフターケアイメージ


仮性包茎アフターケア

・自然に溶ける糸で縫合しておりますので抜糸の為の来院は不要です。
・手術後3日間は包帯を巻いたままです。
・アルコールや激しい運動は1週間後よりお願いします。
(但し、普通の生活やお仕事には治療当日から差し支えありません。)
・性交渉は約4週間後からできるようになります。
・術後の痛みはほとんどありませんが、最初の1週間くらいは勃起をすると若干痛みを感じる場合があります。

カントン包茎のアフターケア

ケア自体は上の仮性包茎と基本的に同じですが、亀頭をあまり露出したことがない人は最初の1週間、亀頭がパンツにこすれて ひりひりすることがあります。

真性包茎のアフターケア

こちらも上の2つと同じですが、亀頭を露出させ続けたことがないため、2週間くらい亀頭がヒリヒリするかもしれません。
ガーゼなどでしばらく亀頭を保護してあげれば、ヒリヒリ感も和らぎます。
徐々に慣らしていくことが良いでしょう。

▲ページトップ

包茎に関してのQ&A


▲ページトップ

お気軽にご相談ください メール相談
メール予約